女性に多い理由はエストロゲン

片頭痛治療片頭痛とは何か⇒女性に多い理由


片頭痛とは何か


片頭痛が女性に多い理由

匂い過敏は手ごわい←|→発作時の緊急対処法

日本人の片頭痛持ちは推定800万人とも言われています。男女比は4対1で圧倒的に女性に
女性に多い
多い病気です。これには女性ホルモンが大きく関係。

市販鎮痛剤の購入も圧倒的に女性が多いというデータがあります。

恐らく痛みを鎮痛剤でブロックしていると想像でき気の毒です。
正しく片頭痛を治療する女性も、極少数派である事も容易に想像可能です。




女性ホルモンの影響

十歳以下では男女差は有りません。十歳を越すと4対1で女子
圧倒的に多数になります。女性ホルモンのエストロゲン(卵包ホルモン)の影響です。

「片頭痛はどうして起こるか」で解説したセロトニン受容体の7〜8割は近くにエストロゲン受容体
があります。エストロゲンがセロトニンと同じ様な働きをすると考えられてるからです。


生理前後が危ない

女性の場合には、生理前後に最も発作が起こりやすい時期です。
生理2〜3日前、排卵日にエストロゲンの分泌量が多くなり、発作の引き金になります。

反面、エストロゲンの変動が少ない妊娠中は片頭痛の発作は少なくなります。

20代〜40代の女性に多いのもこの時期はエストロゲンの分泌量が活発だからです。
余談ですが、片頭痛の形質は遺伝します。お母さんから遺伝する率が一番高くなっています。

キャビンアテンダント

髪型も影響する

エステティシャン、キャビンアテンダントなど水商売で無い接客業の女性
の多くは髪を束ねてアップにしています。

これも片頭痛を誘引します。ポニーテール頭痛と呼びます。

頭皮下の三叉神経や後頭神経が刺激され、血管を取り巻く三叉神経に刺激情報が伝えられて
片頭痛を起こし易くします。

笑顔で接客していますが、頭痛に耐えながら心で泣いているのかと思います。
病院へ行く時間が無いのかも知れません。