脳の興奮を起こす片頭痛

片頭痛治療片頭痛とは何か⇒治療の目的


片頭痛とは何か


片頭痛の光過敏、音過敏、匂い過敏、吐き気

決め手は随伴症状←|→匂い過敏は手ごわい

片頭痛はただ痛いだけのものでは無い

片頭痛と言うと、頭の片側や両側が心臓の鼓動と連動してズキンズキンと痛むと表現する事が多い
のですが、痛む場所がいつも変る、痛みが無いものもあります。

さらに、頭や首を締め付けられる様な痛み方をする人もいます。
「自分の頭痛は片頭痛なのか、肩凝りなのかわからない」と言う人も多いと思います。

脳の興奮 また、片頭痛はただ痛いだけの頭痛でも有りません。

 
痛み方を特長付けているのは脳の興奮状態

この様に痛み方を特長付けているのは脳の興奮状態です。

痛み情報が脳に伝えられている時には大脳がひどく興奮しています。
この症状は大脳の一番後ろから始まり、徐々に前方に向って進行します。

先ず最初に後ろの視覚野に症状が出始め、目の前にギザギザした光が見えたり光を眩しく感じる
光過敏症状が起こります。

次いで大脳の真ん中位に進行すると音を感じる部分が異常興奮して音や騒音に敏感になる
音過敏症状が出てきます。

さらに次に前方に及ぶと嗅覚野が興奮しだして香水や煙草の匂いに敏感になる匂い過敏症状
出てきます。

治療とは脳の興奮状態を治療することが目的です。


さらに脳幹部にまで及ぶ

さらに症状は進み、脳幹部にまで及びます。ここが興奮すると吐き気や吐く症状が出ます。

脳幹部から出ている三叉神経も興奮して支配している顔に違和感や嫌な感じが出てきます。
音や光、煙草の匂いだけで無く、眼鏡のフレームが頭を締め付ける感や、コンタクトの
ゴロ付き感。

熱いシャワーを浴びた途端にでるズキンズキン。

これらの症状は全て脳の興奮が原因で起きています。


全身に影響が出る

これが更に進行すると体全体の感覚に対して敏感に成り、特に締め付けられる事に過敏になります。

詰まった襟元、ベルト、身につけたアクセサリーなどが鬱陶しくなります。
片頭痛持ちの人は思い当る節があるのではないでしょうか。