危険な頭痛(くも膜下出血・脳内出血)

片頭痛治療危険な頭痛⇒くも膜下出血、脳内出血


危険な頭痛


命に関わる危険な頭痛:くも膜下出血、脳内出血

|→脳動脈瘤奇形、脳症

一時性頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛)で命を落す危険性は有りませんが、
脳血管障害や脳腫瘍などに伴う二次性頭痛は、一刻を争う命に関わる頭痛です。

症状は頭痛を伴う為、単なる頭痛だと思って放置すると、重大な結果になります。
今までと違う頭痛だと感じたら、躊躇わずに直ぐに病院へ行く様にします。



クモ膜下出血 クモ膜下出血

クモ膜下出血の特長ポイント

急に起こった激しい頭痛
中年に多い
脳卒中なのに手足の麻痺が無い


急に起こった頭痛の場合、先ずクモ膜下出血を疑わなくてはならない。

クモ膜下出血は1万人に1〜2人しか起こらないので、大抵の人は、ありふれた風邪だと思いこんでしまう。

風邪と間違えられる病気は多いが、クモ膜下出血は余りにも風邪と間違えられる事が多い。
風邪との勘違いは命にかかわる。

クモ膜下出血は致命的な脳卒中であるにも拘わらず、他の脳卒中と違って手足の痺れが無い場合が大部分。

他の脳卒中が高齢者に多いのに、クモ膜下出血が中年に多いのが特徴。
また、クモ膜下出血の場合、症状が頭痛だけの場合が多い。

吐き気や嘔吐を伴えば病院へ行こうと言う気も起こるが、頭痛だけでは、わざわざ病院へ行くのも面倒と言う気持ちも働いて、風邪かも知れないと言う言い訳を作って自分で納得してしまう事が多い。

頭痛も、金槌で殴られた様な激しいものなら病院へ直ぐ行くと思うが、それほど激しい頭痛で無いから風邪と勘違いして多くの人が命を落す。

また、クモ膜下出血の場合には、項部硬直と言って痛みのために首を動かせない症状が出る。これは髄膜が刺激される為に起こる。

この症状は出血がおこって間もない場合にははっきりしない事が多い。

クモ膜下出血の原因の大部分は、脳血管にできた脳動脈瘤の破裂によるもの。

即死に近いクモ膜下出血の場合でも、家族に良く確認すると、1週間以内に頭痛を訴えている場合が大部分。

脳動脈瘤の破裂は1回目の破裂より2回目の破裂の方が激しい。

最初の軽い発作の時、単なる頭痛だからと放置せずに、専門医を受診する事が非常に重要になる。

脳動脈瘤は100人に1〜5人見付かるが、実際に破裂してクモ膜下出血を起こすのは1万人に1〜2人。

また家族の誰かに脳動脈瘤がある場合、脳動脈瘤が見付かる割合は10〜13%と高い。

一般の人に脳動脈瘤が見付かる割合は0.4〜4.6%なので、家族に脳動脈瘤のある人は気を付けた方が良い。


脳内出血 脳内出血

脳内出血の特長ポイント

頭痛、嘔吐、目眩、手足の麻痺、言語障害、歩行障害
高血圧
日中の活動時


高血圧の管理の重要性が強調される理由は、脳内出血の約6割が高血圧が原因の高血圧性脳内出血だから。

高血圧が長期間続くと血管が壊死し、非常に細い血管の微小動脈瘤が破裂して出血が起こると考えられている。

出血が起こると頭痛、嘔吐、手足の麻痺、言葉が出ないなどの症状がでる。
発症数時間で症状が完成してしまう。また、発症は日中の活動時に多い。

軽い出血の場合は、手足の麻痺が無く、頭痛や吐き気が全面に出る事が多い。
大脳に出血が有ると大抵の場合、手足の麻痺が出る。

昔は脳内出血は積極的に手術をしたが、現在では手術をしてもしなくてもそれほど差が無い事が多い理由で余り手術をしなくなった。

しかし、出血量が30mlを超える場合は手術が必要になる。
小脳出血の場合は、頭痛が強く、目眩、嘔吐があり、麻痺が無いにも拘わらず歩けないのが特長。

橋(きょう)の出血の場合は、突然意識が無くなり、両手足が麻痺する重症の事が多い。

脳表面近くの出血は、症状が軽い。この場合は脳動脈瘤が原因であることが多い。

脳内出血は、アルコール常飲者、肝機能低下の人、血小板が少ない人では、血が止まりにくく重症化し易い。



関連記事


片頭痛の対処法
片頭痛の治療は、「予防」「痛みの緩和」「痛みを止める」といった目的によって薬を使い分けます。
家事や仕事などのや日常生活に支障をきたす場合は、市販薬ばかりに頼らず、1度は詳しい医師の治療を受けたほうが良いと思います。
【痛みの予防薬】
片頭痛発作が重なって日常生活に支障が起こる場合に使う薬で、医師の処方が必要です。
【痛みを和らげる薬】
市販のアスピリン、アセトアミノフェンを成分とする単一成分のもの
【片頭痛を止める薬】
中等度の片頭痛発作、あるいは激しい頭痛発作に対して医師が処方する薬です。
現在ではトリプタン系が主流になっています。日本では5種発売されています。
根本治療法は無い
片頭痛を引き起こす要因は多岐に渡り厄介です。
また、残念ながら片頭痛を完全に無くす治療法は現在のところ有りません。
従って、日常生活の中で片頭痛を引き起こす可能性のあるものをなるべく避けて生活する事が一番の対処法になり少し面倒です。
タバコや芳香剤、食べ物の臭いの混ざった状態は様注意。
薄暗い照明や大音響も頭痛を誘発。 映画館では特に3D映像は大変危険です。 コンサートも体調によっては頭痛を誘発。
トリプタンの種類と特長
片頭痛治療の頓挫薬トリプタン製剤は現在、日本では5種類、世界では7種類が発売されていて微妙に作用が異なります。
また、それぞれ相性があル為、あるトリプタンでは効かなくても、別のでは良く効く事が有ります。
■スマトリプタン
日本で最初に発売された片頭痛治療薬で、即効性に優れているのが特長。
注射で10分、点鼻薬で15分、錠剤で30分で効果がでます。
2008年2月からは在宅での自己注射が認められています。
■ゾルミトリプタン
第2世代のトリプタン製剤として開発され、吸収率が高く少量でも効果があります。 ・・・・・・
脳過敏症候群の予防方法
脳過敏症候群の最終的な決め手は専門医の受診です。
ですが、日頃もちょっとした工夫でも症状を軽くできます。片頭痛対策と同じですが、一番は治療することです。
脳の異常な興奮が慢性化しているのなら、強い刺激は禁物です。
少し面倒かも知れませんが、生活習慣や住まい環境など、片頭痛対策にも気を配ることも必要。
車に乗る時はたばこや芳香剤は避けて、助手席に乗る場合には運転する人に、急ハンドル・急ブレーキを控えてもらう様に頼みます。
片頭痛を悪化させる病気
【蓄膿症:片頭痛と似た痛みを起こす】
鼻の中の左右4つの空洞を副鼻腔と言います。 これらの空洞に細菌やウィルス、カビが入り込み炎症をおこすのが蓄膿症です。
片頭痛の人に蓄膿症がある場合には注意が必要になります。 蓄膿症による炎症が、鼻の粘膜に分布している三叉神経を刺激して三叉神経が関与している片頭痛を悪化させる事が多くあります。
片頭痛の人は三叉神経の刺激に弱くなっているため、少しの刺激でも痛みを悪化させます。 又特に子供の場合には蓄膿症と大変良く似た症状を呈します。
が、子供の場合はセロトニンの関係で頭が痛くなる事は先ず有りません。
もし頭が痛いと訴えたら、先ず蓄膿症を疑うのが良いと思います。
片頭痛治療サイト用語集
アスピリン:非ピリン系の解熱鎮痛剤で、アセチルサリチル酸ともいう。1898年医薬として初めて用いられ、1900年にドイツのバイエル社より発売された
アセチルサリチル酸:アスピリンの薬品成分名
アセトアミノフェン:パラセタモールとも言い、解熱鎮痛薬の一つ。1893年から医薬品として用いられた
アロディニア:異痛症とも言う。病気などで痛みは無いが違和感を覚える症状
・・・・・