片頭痛の国際診断基準

片頭痛治療片頭痛とは何か⇒診断基準


片頭痛とは何か


片頭痛の国際診断基準

療法の要点まとめ←|→有名医療機関

以下は片頭痛の治療に際する、国際診断基準です。
認定専門医、病院ではこの基準の基いて問診が行なわれ判断します。

認定専門医のいないクリニックや小さな病院もあり、診察も行なっています
ので、注意が必要です。

基準に基く診察は、過去片頭痛を誤診した教訓から来ています。
また、専門の認定団体(学会:社団法人)も設立されています。


以下全文が診断基準からの引用です。
引用:片頭痛の診断基準(国際頭痛学会)

引用:<前兆を伴わない片頭痛>

引用:A.次のB〜Dを満足する発作が5回以上ある。

引用:B.発作が4〜72時間持続する。

引用:C.次のうち、少なくとも2項目を満たす。
引用:1. 片側性頭痛
引用:2. 拍動性頭痛
引用:3. 中等度〜強度の痛み(日常生活が妨げられる)
引用:4. 階段の昇降など日常的な動作により頭痛が増悪する。

引用:D.発作中、次のうち1項目を満たす。
引用:1. 悪心及び/あるいは嘔吐
引用:2. 光過敏及び音過敏

引用:E.次のうち1項目を満たす。
引用:1. 病歴及び身体・神経所見より器質性疾患を否定しうる。
引用:2. 病歴及び/あるいは、身体及び/あるいは神経所見より器質性疾患が疑われても検査により
引用: 否定できる。
引用:3. 器質性疾患が存在しても、経過より片頭痛との関係が否定できる。


引用:<前兆を伴う片頭痛>

引用:A.次のBを満たす発作が2回以上ある。

引用:B.次の4項目のうち、3項目を満たす。
引用:1. 一過性の前兆があり、脳皮質あるいは脳幹の局所神経症状と考えられる。
引用:2. 前兆は4分以上にわたり進展し、2種類以上の前兆が連続して生じてもよい。
引用:3. 前兆は60分以上持続することはない。2種類以上の前兆の組合わさるときは、その分持続時間
引用: が延長する。
引用:4. 頭痛は前兆後60分以内に生ずる。(前兆より以前あるいは同時でもよい)

引用:C. 次のうち1項目を満たす。 引用:1. 病歴及び身体・神経所見より器質的疾患を否定しうる。
引用:2. 病歴及び/あるいは、身体及び/あるいは神経所見より器質的疾患が疑われても検査により
引用: 否定できる。
引用:3. 器質的疾患が存在しても、経過より片頭痛との関係が否定できる。