診察時に医師に伝えるポイント

片頭痛治療片頭痛とは何か⇒病院で医師に伝えるポイント


片頭痛とは何か


診察で病院へ行った際には片頭痛の痛み以外の症状も正しく伝えます

女性が気をつける事←|→療法の要点まとめ

片頭痛の診察で病院へ診察に行く決断が出来たら病院で聞かれる事があります。
事前に整理しておくとスムーズに診察が進みます。

片頭痛と他の区別で最大の特長は痛み以外の症状が有るか無いかだけです。
医師の問診時には痛み以外の症状も正しく伝える必要があります。

また、総合病院や大学病院の頭痛外来以外では、学会の認定医であるか無いか
の確認もして下さい。

昨日まで婦人科を開業していて、今日から頭痛科を開業しても、日本の医師法では何の
問題も無いからです。






医師に伝える 医師に伝えるポイイント

具体的な起こり方。

・いつ頃からおこるようになったか。
・頻度(月に1回、週1回、毎日続くなど細かく)
・1回の痛みが続く時間(1時間、2時間、・・・)

日常生活への影響

・動くと片頭痛が悪化する、楽になる。
・辛くて寝込んでしまう。
・普段通りの家事や仕事が出来なくなる、ならないなど。

痛み以外の症状

・首や肩がこり始める。
・嘔吐や吐き気の有無
・光や音、臭いが不快になる。頭痛が悪化する・・など
・めまい、発熱の有無

痛み方

・頭のどの辺りが痛むか
・脈打つ様な痛み、締め付けられる様な痛み、重い痛み、など

思いあたるキッカケ

・ストレスをうけた時、リラックスした時
・生理の前後
・天候が悪くなる時、良くやるとき
・思い当たる食べ物

上記項目は片頭痛治療の初診時に必ず問診で聞かれる内容です。

痛み以外の症状で片頭痛かどうかを判断しますので、ポイントを伝えます。

今から片頭痛日誌を付けると良いです

片頭痛治療が始まると、頭痛日誌(ダイアリー)を付ける様に勧められます。今の内に準備して
書いておくと良いと思います。

頭痛ダイアリー