随伴症状を伴う

片頭痛治療片頭痛とは何か⇒決め手の随伴症状


片頭痛とは何か


診察・治療の決め手は片頭痛の随伴症状

肩凝りが混乱の元←|→治療の目的

前にも紹介しましたが、片頭痛であるか無いかの違いは痛み以外の症状が有るか無いかだけです。
片頭痛には「随伴(ずいはん)症状」と言われる痛み以外の症状を伴います。

随伴症状はその症状を起こしている脳の部位が異常興奮状態になっているからです。
その他症状 異常興奮は専門医による治療でしか治められません。




随伴症状の主なもの


閃輝暗点という視覚異常。

痛みの発作が起こる前に、目の前がチカチカしたり、ギザギザした光が見えます。
脳の血管が収縮し、一時的に脳の血流量がかなり減少するために起こります。


肩や首が突っ張ったり、アクビがでる。手に違和感が出る。

三叉神経核が興奮し大脳の下の付け根の部分でくすぶっている状態の時に起きます。
痛くなる側の頭皮や目の周辺にも違和感がでます。情報が視床に到達すると反対側の手
に違和感が出ます。


光、音、臭いに敏感になる。

脳が異常興奮するため、光、音、臭いに敏感になります。
痛みが始まった後でも、光、音、臭いで痛みが増します。
スキー場で頭痛の痛みが増す方は雪による光の反射に反応しています。


普段通りに家事や仕事が出来ない。

体を動かすと痛みが増大するため、ジッしていなくてはならず、その為普段通りの日常生活
が困難に成ります。

他のものでは逆に体を動かすと楽になります。


吐き気、嘔吐、下痢。

指令が胃腸にまで伝達される事や、胃腸の血管も拡張するため症状が出ます。
消化不良も起こして下痢にも成ります。


これ等の随伴症状は人によって異なり全て該当する人や1つ該当する人など様々です。
しかし、1つも該当しない人はいません。本人が気が付いていないだけです。


片頭痛かそうで無いかの違いは随伴症状の有無だけです。

上記の症状は正しい片頭痛の治療で根本から治せます。



関連記事


辛い片頭痛治したいあなたへ
片頭痛の痛みは、動けないほど激しい事もあり、痛みの最中に頭を動かしただけでも痛みが悪化します。
最近の研究では、片頭痛はとにかく痛まない様にする事で、頭痛頻度が下がる事が解ってきました。
頭痛体操などで、痛む前に対処する事が重要とされています。
又、片頭痛は治療が必要である事は、本人も無理解。
さらに、経験の無い人からは辛さを解って貰えない。もうダブルパンチの辛さ。
また治療しない理由の1つに肩凝りがあげられるのも要因。
片頭痛の予兆では肩凝りを伴う事があります。
折角、病院を訪ねても、これを肩凝りが原因の頭痛と診断された率も80%以上。
片頭痛の特長的な症状
片頭痛とは、単に頭が痛くなるだけではなく、痛みの奥では大脳が興奮症状を起こしているもので有る事が判っています。
だから正しい対処が重要になります。
興奮症状は、先ず大脳の後ろにある後頭葉からはじまり、時間とともにゆっくりと前方へ向ってゆきます。
興奮症状が強い時には痛みが起こる直前に閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれる歯車に似たギザギザした閃光が出現します。出現率は1〜2割です。
しかし、この様な閃輝暗点が出現したにも関わらず、痛みが起こらない事があります。
しかし、これも紛れのない片頭痛です。
閃輝暗点を伴う片頭痛経験のある高齢の男性に見られます。
肩凝りが治療を誤らせる
片頭痛の前兆症状の1つに「肩凝り」があります。このため、自分は肩凝りが原因のものだと 思い込んでいる人もいます。
ですので、良く調べてもらったら片頭痛だったと言うことも良くあります。
片頭痛にも予兆で肩凝りが起こるのが最大の混乱の元です。
自己判断せずに、治療の専門医の診察を一度受けて見ませんか。
肩凝りによる痛みだと思い込み、強い鎮痛剤を服用しさらに痛みが悪化。
専門医による診察を受ける機会を一度は作りましょう。
片頭痛治療しなかった結果
脳過敏症候群は、片頭痛を治療せずに放置した結果で起こります。
この症状は高齢者に発症することから、認知症の初期段階と間違われる事もあります。
50代以降になって、性格や顔つきが変ってきたら、過去片頭痛もちで有ったか要確認です。
また片頭痛を市販鎮痛剤で凌ぎ治療して来なかったかもポイントになります。
また、元々は温厚だった人が、歳をとってから顔付きが険しくなり、攻撃的で怒りっぽくなる事があります。
認知症の始まりだと周囲は思いますが、過去の片頭痛を治療しないで来た結果の疑いも濃厚です。
頭や手にあるツボ
片頭痛以外の頭痛に効くツボも数多く知られています。頭部だけで無く、腕や手、足にもツボが多く有ります。
なじみがあり効果の大きいツボの頭部、手、足を紹介します。
現在、片頭痛の治療中でも治療の邪魔はしません。
・凡その位置で構いませんので、指で円を描くようにゆっくり、じわーと押さえます。
・力加減は気持ち良い程度に行います。
・1箇所10秒程度で2回くらい行います。
・慣れたら、ピンポイントで場所を狙って下さい。
脳動脈瘤奇形、脳症、モヤモヤ病
脳の血管の奇形で、脳血管撮影では「わた菓子」の様にフンワリとした血管の塊として写しだされる。
血管の奇形部分は出血しやすく、くも膜下出血の原因の1割程度が脳動脈奇形からの出血によるもの。
脳動脈瘤のほとんどは脳内出血を起こさないが、脳動脈瘤奇形はくも膜下出血だけで無く、脳内出血も起こす。
出血は30代に多く、男女比では2:1で男性に多い。
若年層の脳出血をみたら脳動脈瘤奇形を最初に疑う。