脳過敏症候群の予防

片頭痛治療⇒ 脳過敏症候群 ⇒ 予防は片頭痛の治療


脳過敏症候群


脳過敏症候群の予防方法

放置した結果←|→療法の概要

脳過敏症候群の最終的な決め手は専門医の受診です。ですが、日頃もちょっとした工夫でも症状を軽くできます。片頭痛対策と同じですが、一番は治療することです。




脳を興奮させない生活をする

脳の異常な興奮が慢性化しているのなら、強い刺激は禁物です。
少し面倒かも知れませんが、生活習慣や住まい環境など、片頭痛対策にも気を配ることも必要。

1.乗り物対策
脳過敏症候群の人・片頭痛の人の大きな課題が乗り物対策です。

乗り物内特有の臭い、振動、飛行機の気圧変化が刺激になります。

車に乗る時はたばこや芳香剤は避けて、助手席に乗る場合には運転する人に、急ハンドル・急ブレーキを控えてもらう様に頼みます。

長距離の場合には前日良く寝て体調を整えます。事前に酔い止めを飲んでおくのも良いです。

2.住まいの環境
白い壁や天井、明るすぎる照明が脳を興奮させ片頭痛も発症。

クロスの色を工夫し、照明は間接照明や白熱電灯も取り入れます。テレビをみる時は効果音や出演者の高い音が刺激になります。これも片頭痛対策と同じです。

3D映像は観るを控えるべきです。刺激が強すぎます(映画も同じ)。


予防効果のある食品を摂りいれる

控えた方が良い食品は全章で紹介しましたので、予防効果のある食品を紹介します。

【ビタミンB2】
レバー、うなぎ、イワシ、ブリ、牛乳、ヨーグルト、卵、納豆、豚ひれ肉、豚ももれ肉、牛ひれ肉、鶏もも肉、鶏ささみ、まぐろ赤み、ブロッコリー、ホウレンソウ、など。

【マグネシウム】
とうもろこし、カキ、まぐろ赤み、タコ、ホタテ、カツオ、バナナ、アーモンド、ゆでそば、大豆、大豆製品、海草類、ゴマ、ホウレンソウ、玄米、など。