医師も間違う位に診断が難しい片頭痛

片頭痛治療⇒片頭痛治したいあなたへ⇒女性に多く、医師も間違える


片頭痛治したい


若い女性に多く、医師も間違える片頭痛

辞書も間違えている←|→前兆・予兆・原因

女性に多く、吐き気を伴うものなら主として片頭痛です。その位、片頭痛は大きな割合を占めます。
尚且つ、治療の必要性の認識の低いものです。

『片頭痛を治した方が良い』と言うと、『大きなお世話』と言われる現実があります。
女性



片側が痛くなるわけでは無い


片頭痛とはどういう痛みだと思いますか?

文字通り頭の片側がズキンズキンと痛むもの


大抵の人はこう答えます。



医学生も間ちがった認識を持っています。

理由は片頭痛に「片」の字が当てられているからでしょう。


昔は「」の字を当てて書きました。年数回、月数回と痛みに襲われる時期が偏っていた為、「」が

当てられていました。両側が痛む事もあります。



圧倒的に若い女性に多い片頭痛


これを発症する人は圧倒的に20〜30代の若い女性です。

後で解説しますが、女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっています。


また、50代以降になると片頭痛の症状が出なくなります。


詳細は後で解説しますが、メカニズムに関係します。50代以降になると血管のしなやかさが

落ちるからです。発症の閾値が上がります。早く言うと感受性の低下です。


但し、片頭痛によって脳の感受性は残ったままでいます。(脳過敏症候群を参照)



入社式や結婚式などのイベント最中は発症しない


片頭痛持ちの若い女性は


明日の入社式で起きないといいけど

結婚式の最中に起きたらどうしよう


とキット不安になる事もあるかも知れません。


答えは「安心していて大丈夫です、起きません。」


片頭痛は脳の血管が副交感神経優位の状態で拡張して発症します。


入社式や結婚式は緊張度が高く、交感神経優位ですので、血管は収縮しています。

その時には起こりません。その後が問題です。急にリラックスして起こります。



開業医も片頭痛の診断をしばしば間違えます


片頭痛と緊張型との違いは、痛み以外の症状が有るか?無いか?だけです。

緊張型は首凝りや肩凝りで溜まった乳酸やピルビン酸が神経を刺激して発症します。


ですので、町の開業医も片頭痛の診断をしばしば間違えます。


診察時の問診で「他に症状ありますか?」と聞かれ「肩凝りです」と答えます。

だから、緊張型と診断を下します。


しかし予兆の症状に肩凝りを誘発する場合があります。これを間違えるわけです。

片頭痛は肩凝り以外の症状「目がチカチカ」、吐き気なども起こります。


肩凝りを予兆、「目がチカチカ」は前兆、や吐き気を随伴症状と言います。

特に吐き気・吐く・光で憎悪・音や臭いで憎悪するのが大きな特長です。


予兆は20%の人に、随伴症状は70%の人に表れる症状です。

これらの症状が表れるかどうかが、診断の決め手となる位に重要な症状です。



コトハスティー
コトハスティー

\500

【コトハスティー】頭痛、肩こり、等の不快症状に!

内容量:4包(マグカップ8杯)、送料無料、初回限定品

・ベルガモット紅茶をはじめ、天然成分は全部で9種類

 頭痛、肌荒れ、等の不快症状解消。

・お茶ですので、飲み方は自由です

原材料

天然成分の主な物:ベルガモット紅茶、ケニア紅茶、スリランカ茶、カッシア・アラタ。


矢印コトハスティー
快眠枕「六角脳枕」
快眠枕「六角脳枕」

\18,900

快眠枕「六角脳枕」肩凝り、頭痛、不眠を解消

送料無料、代引手数料無料


・枕のクチコミランキング1位

・肩・首が楽な為、寝付きが良く、眠りも深い。


矢印快眠枕「六角脳枕」
薬を使わずに頭痛を治す
薬を使わずに頭痛を治す

\15,000

自宅トレーニングで顎関節調整を行い頚椎を正す

3ヵ月返金保証


・通常は効果が見られるまで約7分。即効性です。

・薬を飲まずに頭痛を治したい方へ

・無料テンプレートなど、6つの特典付き


矢印薬を使わずに頭痛を治す
頭痛目眩解消法
頭痛目眩解消法

\10,800

エクササイズで頭痛を解消するもの。即効的早さで0分で実感。

全額返金保証


・自分1人で出来ます。頭を動かす事をメインとしたエクササイズ

・30日間回数無制限の無料メールサポート

・DVD補助テキスト無料ダウンロード


矢印頭痛目眩解消法



関連記事


片頭痛とはどういう病気か
日本人によく見られる病気です。中でも放置されるのが片頭痛と呼ばれるものです。
拍動性の痛み方をして、脈に合わせてズキンズキンとした痛みが頭の片側に限らず両側に出る事が多く有ります。
痛み方はコメカミだけで無く後頭部に及ぶ事も有ります。
重症の方では、頭全体が痛くなり、吐き気や嘔吐が起きる事もしばしばです。
片頭痛の発作が起こる人は日本全体の約8%の人と言われ、、女性に多いのが特長です。
片頭痛の起こるメカニズム
現在では、血管説と神経説を併せた三叉神経血管説が最も有力です。
@ストレスを感じた時などに血管内にセロトニンが大量に放出されます。
Aセロトニンの大量放出が続くと脳の血管は収縮します。
Bセロトニンが出尽くしてしまうと、反動として今度は脳の血管は急激に拡張します。
C血管壁に炎症が起こり、血管を取巻く三叉神経が圧迫され痛み物質が放出されます。
現在解明されている、痛みのメカニズムです。
この病気が恐い理由は炎症物質が放出され続け、脳神経細胞に影響を与え続ける事です。
片頭痛の見分け方
片頭痛はズキンズキン、緊張型はドーンと重苦しいと言われていますが、片頭痛は痛み方そのものも、発作の時期、年令など様々な要素で変化します。
片頭痛の起こり始めはズキンズキンとした拍動性の痛みであっても、ピークを過ぎるとドーンとしたした痛みに変ってくることがあります。
「動くとガンガン響いて辛い」「吐き気がする、吐いてしまう」「光、音、臭いが苦痛になる」などの特長が有れば、「片頭痛」と判断できます。
「動くとガンガン響いて辛い」。この症状は比較的早い段階から見られます。
自分で判断するのに有効です。
一方、緊張型では動いて酷くなることは余りありません、逆に動かすと楽になります。
脳過敏症候群の予備軍の可能性
最近「脳過敏症候群」という新しい病気が注目されはじめています。
脳過敏症候群に移行しやすい人はかつてしつこい片頭痛に悩まされ続けてきた人です。でも治療はして来なかった。
片頭痛の根本原因は大脳の興奮性の高さにあります。通常人よリ高く過敏に反応します。
「片頭痛とは痛み以外の症状があるもの」と片頭痛の章で解説しましたが、もう1つ大きな特長があります。
「変化を敏感に読み取る脳」です。
体の内外からの刺激に対して、脳の特定部位が過剰に反応して、その興奮が脳の広範囲に及ぶと、脳全体に興奮しやすい状態がつくられます。
片頭痛のセルフ対策
脳の血管が拡張することが片頭痛の痛みの原因なので、広がった血管を縮めることが痛みを軽減するのが片頭痛のポイントです。
片頭痛治療薬トリプタンも同じ事をしています。
アルコールの摂取や湯船にゆったりつかる入浴は血管を広げる原因となるので、痛みのある時は避けるようにします。
さらに痛む場合は患部を冷やすことで血管が収縮して片頭痛の痛みが治まります。
冷やすものは、濡れタオルや酷い時は軽く頭に水シャワーも片頭痛に有効です。
くも膜下出血、脳内出血
急に起こった頭痛の場合、先ずクモ膜下出血を疑わなくてはならない。
クモ膜下出血は1万人に1〜2人しか起こらないので、大抵の人は、ありふれた風邪だと思いこんでしまう。
風邪と間違えられる病気は多いが、クモ膜下出血は余りにも風邪と間違えられる事が多い。
風邪との勘違いは命にかかわる。
クモ膜下出血は致命的な脳卒中であるにも拘わらず、他の脳卒中と違って手足の痺れが無い場合が大部分。
他の脳卒中が高齢者に多いのに、クモ膜下出血が中年に多いのが特徴。
また、クモ膜下出血の場合、症状が頭痛だけの場合が多い。