上手な対処法・予防法

片頭痛治療⇒片頭痛治したいあなたへ⇒上手な対処法法


片頭痛治したい


片頭痛の対処法

検査しても判らない←|→トリプタンの概略

治療の目的と薬の使い分け


片頭痛の治療は、「予防」「痛みの緩和」「痛みを止める」といった目的によって薬を使い分けます。

家事や仕事などのや日常生活に支障をきたす場合は、市販薬ばかりに頼らず、1度は詳しい医師の治療を受けたほうが良いと思います。ちゃんと結果が出ます。

【痛みの予防薬】
片頭痛発作が重なって日常生活に支障が起こる場合に使う薬で、医師の処方が必要です。

【痛みを和らげる薬】
市販のアスピリン、アセトアミノフェンを成分とする単一成分のもの

【片頭痛を止める薬】
中等度の片頭痛発作、あるいは激しい頭痛発作に対して医師が処方する薬です。
現在ではトリプタン系が主流になっています。日本では5種発売されています。
片頭痛の原因そのものを解消して痛みを止めます。市販はされていません。


薬を使わない上手な対処法

治療薬だけに頼らなくても、ある程度までなら痛みを和らげる事が出来ます。

1.冷やす

頭の血管の過度な拡張が原因ですから、痛む場所をジェルシートなどの冷却グッズで直接冷やすと血管が収縮して痛みが軽くなります。
逆に、シャワーや入浴などの温めるのは血管を拡張させるので逆効果です。

2.規則正しい生活を心がける

ストレスの溜まるような生活の乱れや睡眠不足などは、片頭痛が起こりやすい原因。眠り過ぎもよくありません。
ストレス自体が悪い訳では無く、ストレスから開放された時に脳血管が拡張します。

3.人ごみやまぶしい光を避ける

デパ地下などの人ごみで発症することがよくあります。
騒音やまぶしい光が誘因となるからです。人ごみは避けるようにして、光に対してはサングラスなどで防ぐ工夫が必要です。

4.誘因物質を含む食品を避ける

人によっては、チョコレート、チーズ、ワインなどで片頭痛が起こることもあります。
特定の食べ物との関連がわかれば、その食品は避けるようにします。
チーズ、オリーブ油、柑橘類、ハム、サラミで発症することもあります。

5.予防に効果的なビタミンやミネラルを取り入れる。

ビタミンB2は血流を十分確保し、老廃物の排除を促す効果がありますので、予防につながると言われています。食品としては、レバーやアーモンド、うなぎなどに多く含まれます。

マグネシウムは血管を収縮させたり、炎症物質の働きを阻害させたりする働きがあります。
マグネシウムが不足すると血管がけいれんしやすくなり、痛みに敏感になると言われています。
食品としては玄米、納豆、豆腐、ひじきなどに多く含まれます。